未分類

「藍色好きさ」(川谷)はベッキーのこと?歌詞や意味は?動画あり!

 

こんにちは〜ekukoaです。( ^ω^ )

 

 

昨日、ネットニュースを読んでいて、

すごくビックリしました!

 

ある国の五つ星ホテルの、

ハウスキーパーのお仕事を密着取材(?)中、

とんでもないことをしていたんです。

 

トイレ掃除をしたブラシで、

コップを洗っていました!!!

(;゚Д゚)

 

信じられますか?

普通は、消毒したものを次のゲストの方用に

置いておくのですよね?

トイレブラシでコップを洗う…?

なら、洗わないでそのまま置いといたほうが、

まだ良いんじゃ無いですか?

 

意味不明です。

あれって、本当の事なのでしょうか?

やらせですか?

 

一つでも多くの部屋を掃除すると、

給料が増えるので、

わざわざブラシを換えている時間が

勿体無いそうです。

なのでそうしているのだそうです。

 

すごくショックでした。

 

お金がほしいのはわかるけど、

五つ星のホテルに勤めているという

誇りも自覚も何もないですね。

と言うか、あり得ません!

 

あまり良いうわさは聞かない国ですが、

そこまでだとは知りませんでした。

 

万〇の長城へ一度は行ってみたいという夢が、

ほろほろと崩れ落ちていきました。。。

残念です。。。

 

今日はもう一つ

理解不可能なことを。(;^ω^)

(イライラ続きですみません、、)

川谷絵音の書いた、

「藍色好きさ」

聞きましたか?

この歌詞は、

 

「誰とは言わないが、

贈るために」

わざわざ歌詞を変えた。。。

 

と言う。

はい、それは、

ベッキーさんのためですよね?

スポンサードリンク

川谷絵音

 

8BF02A93-73BB-416D-B470-486153064D67

 

川谷絵音(かわたに えのん)

 

本名:川谷健太(かわたにけんた)

生年月日:1988年12月3日

出生地:長崎県松浦市

学歴:東京農工大学工学部応用分子科学科卒業

ジャンル:ロック、J-POP

職業:作詞家、作曲家、ボーカリスト、ギタリスト

活動期間:2010年~

 

 

川谷は昨年、ベッキーとの不倫騒動を起こした後、

「藍色好きさ」

と言う曲を発表してます。

 

その中の歌詞が、

ベッキーを思わせるものがあり、

ファンの間では、話題になっているのだとか。

 

どんな歌詞なのでしょうか?

 

スポンサードリンク

「藍色好きさ」

 

運命をかき分けてく前に
君がいたんだ
それはもう突然だった
揺らぎを見つめ合うとこも
シーソーな感情になるとこも
その時から決まってた

足しても引いても僕らは
いつも違う数になって
答えが出ては笑って抱き合った
その度優しさは同じだけ重なり合って
深く深く望んだ

君が好きだってこと以外は
この際どうだっていい

藍色になった君が好きなんだ
君が好きだってこと以外は
もう何も考えないことにしよう
藍色になって迎えに行くよ

真面目な話をしてもいいかな
僕は君が好きです

背中合わせで愛を育む時があってもいいしさ
言葉が回って届くまでは見つめ直すだけでいい

~~~~~(中略)~~~~~

走る速度が上がれど時間は早くはなら

ない
切なくなる瞬間に君の影から気持ちを受け取った
繰り返して僕は
繰り返して君は

君が好きだってこと以外は
この際どうだっていい
藍色になった君が好きなんだ
君が好きだってこと以外は
もう何も考えないことにしよう
君が好きさ
君が好きさ
噛み締め忘れた幸せを
もう一度だけ
ここで言っても
報われないんだろうからさ
迎えに行くまでは取っとかせてよ

http://j-lyric.net/artist/

 

 

 

ベッキーの事がなくて

普通に聞いていると、

いつもの切ない男女の恋物語。

って感じなんだけど、

そんなことあってすぐだから、

なんだか素直に聞けない。

 

それも、

「誰とは言わないが、贈るために」

なんて言うもんだから、

余計にこの人何考えているんだろう~

なんて思われてしまうんですよね。

 

こんなことつぶやかれてました。

 

・この雪崩のような不倫問題の連鎖ってこの絵音から始まった負の連鎖だっけ?あまりに多過ぎてホントわかんなくなってきた。

・なんだかね〜

・迎えに行くまではとっとかせてよ。
って歌詞のわりに迎え行く前にほのかりんと付き合っちゃう適当さ。
これでベッキーに贈った歌と公表できる神経が凄いと思うよ。

 

そんなこと言われてもしょうがないですよね〜

なんか、すっごい分かる気がするのは、

私だけでしょうか?

 

 

“ベッキーの事がなければ”

 

この歌詞は、

彼は彼女の事、本当に愛しているのね。

事情があって一緒にいられなくても、

いつかまた一緒に。。。

きっと迎えに行くからね。。。

 

って甘酸っぱい気持ちを表しているんだなぁ〜

って感じますけどね。

 

あんな別れ方をした彼が書いたとなると、

今ひとつ川谷絵音の心が見えません。

 

 

これが本当にベッキーの事を思いながら

書いた歌詞だとすれば、

ん〜〜

 

「じゃ〜なんで

ほのかりんとそういう関係になったのよ!」

 

なんて言われてもしょうがないですよね。

せめてほとぼり冷めるまで、

一人でいてほしかったな~

 

 

人を好きになるのは止められない。

この二人も自然に惹かれあい、愛しあった。

 

そこは分かるんですよね。

でもこの世には、

秩序を守らなきゃいけないって

ルールがあるんですよね。

どうにもならないことってあるんですよ!

好き好きだけじゃダメなんですよ!

 

でも、それでも好きになってどうしようもなかったら、

好きなら好きで、とことん貫き通してほしかった。

この曲のように!!

 

 

Aloha nui loa ♥

 

ekukoa

スポンサードリンク