未分類

ジャンプ図書館の期間(時間)や入場料は?場所アクセスや口コミも!

 

こんにちは〜ekukoaです。(*^ω^*)

 

 

オリンピック終わりましたね〜

皆さんは楽しみましたか?

私は「生」で観ることができなくて

頑張ってYouTubeなどで

映像を探しているのですが、

なかなか探せなく未だに観てない。。。

観たい選手の演技を観ることが

出来ていません。(T . T)

やっぱりオリンピックは、

「生」で観なきゃいけないですよね。

反省してます、、、

選手のみなさん、

大きな感動をありがとうございました!

これからも頑張って下さいね。

 

さて今日はまたまた

「ジャンプ」の話題です。

ジャンプは今年、

創刊50周年と言うことで、

いろんなイベントを開いてます。

先日決定したのが、

あわせて読みたい
ジャンプ展第3弾の期間(時間)や料金は?チケット購入法や出展リストも こんにちは、ekukoaです。(*^_^*) この時期のハワイでは、 「ホエールウォッチング」 ...

 

今回は、ジャンプの読める

「図書館」 です。

スポンサードリンク

ジャンプ図書館

 

6B8D45E0-5D90-4B09-B35F-A115B2A72C55

 

こちらは、図書館の内装だそうです。

机や椅子なども

「ジャンプ」で作られているのだとか!

なんだか、ワクワクしますよね。

 

 

「ジャンプ図書館」

開催期間: 2018年3月15日(木)~3月26日(月)

会場: 六本木ヒルズ ヒルサイド2F 「ヒルズ カフェ/スペース」

営業時間: 11:00~23:00

      ※3月15日(木)のみ、午後からの営業を予定しております。

      ※最終入館は30分前

      ※混雑状況によってはお待ちいただく可能性がございます。

入場料: 入場無料

     ※カフェ利用時の飲食代は別途必要です。

https://animeanime.jp/article/2018/02/26/36893.html

 

凄い!

2400冊あまりそろえて、

無料なんです!

 

「なぜ無料なんだ? 一冊250円くらいだっけ?がたくさん置いてあるんだから 1人1000円の入場料でもいいんじゃないか?」

 

なんておっしゃる方もいました!

納得。。。

 

一部抜けている号があるとはいえ、

50年間に発行されたほとんどが揃うんですよね

圧巻です!

 

もちろんネット上では、

すでにざわついてます。(≧▽≦)

 

「『HUNTER×HUNTER』が毎週連載していた頃を見てみたい」

「単行本に収録されていない読み切り作品を読み返したい」

「泊まり込みたい」

「自分が生まれた年の号を読みたい」

「なんて胸アツな事をしてくれるんだ~!!」

「初めてなけなしのお小遣いで買った 1981年の46号のジャンプを読みたい 風魔の小次郎が読みたくて読みたくて廃品回収の山から抜き取って読んでいたけど限界がきて やっとこさ買えた一冊」

 

分かる~~!!

みんなそれぞれ、思い出があるんですよね。

スポンサードリンク

 

でも、ワクワク、ドキドキはするけど、

 

「ジャンプ図書館だと!?コレは行きたい!!でも時間がない!!ww」

 

と言う方もいらっしゃいました。

きっとほとんどの方がこう思っているんだろうな~

 

 

アクセス方法

 

春休みを利用して、

週末を利用して行ってみたい!

と言う方は、

 

 

 

電車

 

[路線図]
http://www.roppongihills.com/access/train.html

 

恵比寿駅から

大門駅から

新宿駅から

大手町駅から

東京駅から

横浜駅から

 

 

 

 

 

基本料金・営業時間

PP1P12 ¥300/30分

全日0:00~24:00

1日料金

全日:¥3,000/24時間

P3は全日¥200/10分。

備考

P1およびP5の入庫可能時間は7:00~21:00となります。(P5のみ金、土、祝前日は21:00~7:00も入庫可能)P3は料金が異なります。

P4 、P6P8は特定車両専用駐車場です。

http://www.roppongihills.com/access/parking/list.html

 

 

一日停めても、

3000円ならいいような気がします。

だって、ジャンプは無料で読めるわけだから、

一日中のんびりと読んで

満喫したらいいのでは?

 

 

中には、1年半分のジャンプが家にあります。

とか、7年分ある方もいたり、

ジャンプ人気は、絶大ですよね。

 

シリーズものや、読み切りなど。

その時その時に出会った作品に対する思い出とか、

いろんなストーリーが蘇ってくるんでしょうね。

 

 

この、「ジャンプ図書館」は、

若い方よりも、結構

40~50代の方が興味あるんじゃないかな?

 

ちょうど忙しい年齢の方々だと思うけど、

ちょっとでも足を運んで、

童心に戻ったり、

思い出に浸ってほしいです。

 

 

Aloha nui loa ♥

 

ekukoa

スポンサードリンク