未分類

記念貨幣(天皇陛下即位/オリンピック)の購入方法や当選倍率は?

最近は何かと皇室の話題や東京オリンピックの話題が多いですが、今回は記念硬貨が発行されるという話題です。

私は硬貨は持ってませんが、天皇皇后両陛下がご結婚された時の記念切手を今でも持ってます。依然使っていた手帳に入れたままですが。。。

さて、今回の記念硬貨ですが、驚きました!1万円金貨もあるんですね。ビックリです!

でも、

調べてみたら、ほかにも一万円金貨がたくさんありました。私が知らなかっただけですね。(^^;

スポンサードリンク

まずは、天皇陛下御即位記念貨幣からです。

 

 

天皇即位で記念貨幣が発行されます!

どちらにしますか?

 

1万円金貨と、500円銅貨。

 

一万円(5万枚)

 

直径28ミリ、重さ20グラム。
表面には鳳凰(ほうおう)と瑞雲(ずいうん)
裏面には菊花紋章と天皇、皇后両陛下のお印の梓(あずさ)とハマナス

販売価格
14万555円

↑↑↑通信販売のみです。

 

五百円(500万枚)

 

直径26.5ミリ、重さ7.1グラム。
表面は即位儀礼で使用する高御座(たかみくら)
裏面は金貨と同じ図柄。
ニッケル黄銅、白銅と銅が使われ、2021年度に発行する新500円硬貨と同じ素材。

こちらは、500万枚のうち3万枚は金貨とセットで通信販売され、残りは金融機関の窓口にて額面価格で引き換えのようです。詳しいことは元年9月頃発表予定です。

 

金貨単体/5百円貨幣の2点セット販売価格
14万2593円

 

お値段がビックリです(*_*)でも、記念ですからね。

さて、記念貨幣の購入方法です。

 

 

天皇陛下御即位記念貨幣の購入法

 

造幣局で、予約抽選で販売です。

 

申込受付は、

令和元年7月11日(木)

申込の詳細は、販売前日の7月10日に公表だそうです。

 

この記念貨幣につきましては、一部を除いて造幣局から通信販売するもので、令和元年7月11日(木)から3週間程度申込受付を予定しています。
申込方法等の詳細につきましては、令和元年7月10日(水)17時以降、造幣局ウェブサイト及び造幣局ハローダイヤルにおいてご案内いたします。(電話:050-5548-8686・受付時間 午前8時から午後9時、年中無休)

詳細につきましては、財務省ウェブサイト天皇陛下御即位記念貨幣を発行しますをご参照ください。

造幣局

 

天皇陛下御即位記念一万円金貨幣プルーフ貨幣セット(金貨単体セット)

 

 

天皇陛下御即位記念一万円金貨幣 五百円バイカラー・クラッド貨幣プルーフ貨幣セット(2点セット)

販売価格(税込): 
142,593円

 

造営局オンラインショッピング

 

販売要領
種類 天皇陛下御即位記念一万円金貨幣プルーフ貨幣セット
(金貨単体セット)
天皇陛下御即位記念一万円金貨幣 五百円バイカラー・クラッド貨幣プルーフ貨幣セット
(2点セット)
販売価格 140,555円
(消費税・送料込)
142,593円
(消費税・送料込)
※販売価格は、令和元年10月以降の製品発送となるため、令和元年10月1日からの消費税率引上げに伴う価格としております。
販売数量 20,000個 30,000個
※各セットにつき、お一人様1個限りとします。
※販売数量のうち、海外販売用、展示用、製品紹介用、記念事業広報用等として、10%を限度に控除いたします。
申込数 はがき一枚につき、お一人様分のお申込み

※複数のはがきによる申込み、はがきと造幣局オンラインショップによる申込みとの重複も可。
※お申込みには、必ず住民票登録のある住所をご記載・ご登録ください。住民票登録と異なる住所でのお申込みは、原則として無効といたしますので、住民票登録以外の場所に居住されている方は、お申込みの前にお問い合わせ願います。
申込受付
期間
令和元年7月11日(木)から7月31日(水)まで(消印有効)
申込方法 はがき又は造幣局オンラインショップによりお申し込みください。
なお、造幣局オンラインショップは7月11日(木)午前10時より受付しております。
≪はがきによるお申込みの場合≫
以下の記入要領により、お申し込みください。

※はがき以外の封書等では受付いたしませんので、ご注意ください。
※以下のとおり、お求めいただく記念貨幣によって、はがきの宛先が異なりますのでご注意ください。
※「単体セット及び2点セット」係宛の郵便はがき一枚で、金貨単体セット1個と2点セット1個を両方申し込むことができます(ただし、申込み多数により抽選となった場合、抽選はそれぞれで行うため、当選するセットと当選しないセットに分かれることがあります)。
※お申込みいただきましたはがきは、日本郵便(株)大阪北郵便局を経由し、造幣局に配達されます。
(金貨単体セットを申し込む場合)

〒539-0013
日本郵便(株)大阪北郵便局
造幣局 御即位
単体セット 係
(2点セットを申し込む場合)

〒539-0014
日本郵便(株)大阪北郵便局
造幣局 御即位
2点セット 係
(金貨単体セット及び2点セットを両方申し込む場合)

〒539-0018
日本郵便(株)大阪北郵便局
造幣局 御即位
単体セット及び2点セット 係
(共通裏面)

①郵便番号
②住所
③氏名(フリガナ)
④電話番号
⑤お客様コード(9桁の数字) ※造幣局に登録のある方はご記入ください。
≪造幣局オンラインショップによるお申込みの場合≫
以下のアドレスに接続のうえ、お申し込みください。
(URL) https://www3.mint.go.jp/

※造幣局オンラインショップによるお申込みは、各セットにつきお一人様1回限りとなります。
当選者
の決定
①販売数量を上回るお申込みがあった場合は、抽選になります。
②当選は、各セットにつき、お一人様1個限りといたします。
なお、多くの国民の皆様に記念貨幣を保有していただく観点から、当選するセットの個数は、各セットとも、一住所当たり2個までといたします。同一住所で別世帯の方は、お申込みの前にお問い合わせ願います 。
③同一住所(同一と思われるものを含む)で多数の方が申し込まれていることが判明した場合、その他必要と認められる場合には、払込用紙の送付に先立ち、住民票等居住を証明するために必要な書類の写しをご提出いただくことがあります。
当選された
方への連絡
①造幣局発行の払込用紙を、令和元年10月上旬頃から順次送付いたします。払込用紙の裏面に記載の注意事項をよくお読みのうえ、払込期限内にコンビニエンスストア、郵便局(ゆうちょ銀行)又は銀行(銀行振込手数料はお客様のご負担)でご入金願います。
造幣局オンラインショップからお申し込みいただいた方は、クレジットカードでもお支払いいただけます。
なお、製品の発送はご入金・お支払い後となります。
②ご案内の払込期限内にご入金・お支払いいただけない場合は、キャンセルされたものとして取り扱わせていただきます。
③製品の発送は、令和元年10月中旬頃から順次(2点セットは金融機関窓口での天皇陛下御即位記念五百円バイカラー・クラッド貨幣引換え日以降)行います。
④両方のセットとも当選された方には、払込用紙又は製品をまとめてお送りする場合があります。
⑤当選されなかった方への連絡はいたしませんので、ご了承願います。
ご注意 記念貨幣は多くの国民の皆様に末永く愛蔵していただくよう発行・販売しており、次のような方には販売いたしませんので、ご了承願います。

①架空名義、他人名義等により申し込んだと判断される方(必要に応じてご本人の確認をさせていただきます)。
②製品発送前のインターネットによる販売等明らかに転売を前提として申し込まれている方。
返品に
ついて
お客様のご都合による返品には応じることができませんので、ご注意願います。万一、不良品又はお申込みと異なる製品が届いた場合は、良品と交換させていただきます。恐れ入りますが、製品到着後速やかに造幣局へご連絡のうえ、ご返送願います(送料造幣局負担)。
個人情報の
取扱い
お客様の個人情報は、ご入金・お支払いの確認、製品の発送等お申し込みいただいた製品の販売に関する事務に利用するほか、造幣局製品やイベントのご案内、お問合せ・アンケートのために利用する場合があります。お客様のご了解がない限り、その他への利用はいたしません。
お問合せ先
ハローダイヤル
Tel:050-5548-8686
(午前8時~午後9時、年中無休)
*おかけ間違いのないように、ご注意ください。

貨幣セット(通信販売)のページへ

 

応募多数の場合は抽選ということだけど、このような記念貨幣はこれまで応募多数のため、抽選となってます。

倍率はどうなんだろう?

スポンサードリンク

当選倍率は?

 

今回の天皇即位はどれくらいの申し込みがあるのかわかりませんが、平成30年の天皇陛下御在位30年記念貨幣の時には、

 

販売数:20,000個のところ

申込数:331,782個

当選倍率:約18倍

 

私個人的には、今回のほうが申込数は多いような気もするので、

20倍は下らないのでは?と思いました。

 

ちなみに、
長野オリンピック(スピードスケートデザイン)の金貨幣の倍率は、

57.45倍だったそうです。(*_*)

 

私は、金貨にはちょっと手が出ないので、せめて500円銅貨を手に入れたいです。お友達に頼んでおこうかなぁ^^

 

続いて、東京オリンピック記念貨幣です。

 

 

東京2020オリンピック記念貨幣

 

 

 

こちらは、4期に分けて発行しているようです。すでに2期まで終了しており、

1000円貨幣は、常に造幣局での受付で、第二期までは販売完了。
100円貨幣は、金融機関の窓口にて引き換え。→第3次発行分は2019年12月頃に詳細発表予定。

 

今後の発行時期は、

第3次 令和2年1月頃(開催の半年前)

申込受付期間は2019年11月1日(金)から3週間の予定です。

 

第4次 令和2年7月頃(開催直前)

 

造営局ホームページご覧ください。

 

一万円金貨幣や千円銀貨幣はオンラインでの申込です。受付開始から3週間程度で受付終了となるので忘れずに申し込んでくださいね。

 

造営局オンラインショッピング

 

 

まとめ

 

記念貨幣は、

「国民がこぞってお祝いし、記念するのにふさわしい事柄だとして、国が特別に発行する貨幣」

昭和39年の東京オリンピックで最初に発行され、いまでは200種類近く発行されてます。

造幣局にて申込や新硬貨の発表などがあります。

申し込み殺到の硬貨もあるので、早めに購入はしておいてくださいね。

 

 

Aloha nui loa

 

スポンサードリンク