未分類

大田昌秀(元沖縄県知事)ノーベル平和賞⁉学歴や経歴調査してみた!

norbel_prize[1]

 

こんにちは、ekukoaです。\(^o^)/

 

 

そう言えば、4月ですね。

日本は、新学期・新年度ですよね。

あちこちで、入学式の話題なども

聞こえて来てます。

小学生は、ピッカピカのランドセル。

新社会人は、ピッカピカのスーツ。

何だか、微笑ましくもあるし、

こっちまで緊張が

伝わってくるような感じです。

ハワイは、アメリカ本土と同じく、

新学期は8~9月なので、

この時期は春休み明けの、

普段と変わらない生活をしてます。

新生活楽しんでくださいね。

 

さて、今日の話題は、

ノーベル平和賞にノミネートされた

元沖縄県知事の

大田昌秀さんです。

ちょっとビックリしたけど、

嬉しかったので、

大田元知事の事調べてみました。

スポンサードリンク

大田昌秀

 

Image may contain: 1 person

 

大田昌秀(おおた・まさひで)

生年月日:1925年6月12日(91歳)

出身地:沖縄県島尻郡久米島町

出身校:早稲田大学教育学部

シラキュース大学大学院

前職:琉球大学教授

所属政党:(無所属→)社会民主党

 

参議院議員

選挙区:比例区

当選回数:1回

在任期間:2001年7月30日~2007年7月29日

 

本土復帰後第4代 沖縄県知事

当選回数:2回

在任期間:1990年12月10日~1998年12月9日

 

履歴

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/

 

沖縄師範学校へ進学する前に、

東京の工学院へ特待生として、

進学予定だったようだけど、

もし本当に行ってたら、

どうなっていたんでしょうね。

政治の道ではなく、土木・建築

機械関係に進んでいたかもしれないですね。

って事は、沖縄の”今”が変わっていたかも?

親戚の伝手で、師範学校に進学したと

なっているので、親戚の方が

関わっていなかったら

どうなっていたのでしょうね~

 

沖縄県知事在職中には、

米軍基地問題 

に取り組み、第2期目から、

反軍反戦反基地姿勢を明確にしたようです。

 

” 反基地 ”

 

これは、みんなそれぞれ意見があるので、

どちらが正しいとかは、

言えません。

スポンサードリンク

本当に基地がなくなると、

雇用率も下がるし、

基地を相手に

ビジネスしている企業も

沢山あるので、

それらの存続も危ぶまれますよね。

直接的なかかわりはなくても、

どこかで必ずかかわっているので、

本当に基地をなくしても

沖縄はやっていけるのでしょうか?

疑問です。

ただ、基地周辺に住んでいる方にとっては、

騒音問題などがあるので、

精神的にも苦痛だろうし、

。。。。。。。。。

基地の存続に賛成とは言えないけど、

反対とも言えない。。。

基地のあり方を考えてみたら

いいのではないでしょうか?

言うのは簡単ですね。。。

 

1996年の普天間基地移設問題では沖縄の過度の負担から県外移設を強硬に主張。移転先自治体として名護市が自治体に浮上した際には「県としては(直接的な当事者である)地元名護市の意向を尊重する」と首相官邸に述べていた。「県外移設」が本音の大田のこの発言は、過度の基地負担が集中する沖縄県全体で基地反対ムードがあったことで実現可能性が皆無という自信から出た発言であると見られる。しかし1997年12月に名護市長が受け入れを表明してしまった。 ~~中略~~ 移設ベース実現の具体化の話し合いを求めた首相官邸や名護市長に対し、彼らに極力会うことを避け、~~中略~~

県知事選挙では表舞台に出ることを避けながら、自分に代わる「名護市移転反対・県外移設」候補の擁立をすることもなく、矛盾を抱えたまま1998年沖縄県知事選挙に立候補をした。しかし、経済の停滞や度重なる公約違反により知花昌一ら大田支持層からも反目され、稲嶺恵一に敗れ落選した。

参議院議員転身の際、社民党から比例区で立候補したため、知事時代支持・支援していた沖縄社会大衆党日本共産党からは強い反発があった。2007年夏の参院選以後も議員を続ける意思を強めていたが、本部より公認を外されたため、立候補できず政界を引退した。

https://ja.wikipedia.org/wiki

 

著書も80冊余り出版されてます。

 

 

商品の詳細

これが沖縄戦だ―写真記録

1998/6

大田 昌秀

単行本

 

 

 

商品の詳細

沖縄は未来をどう生きるか

2016/8/31

大田 昌秀、 佐藤 優

単行本

 

 

商品の詳細

沖縄のこころ―沖縄戦と私 (岩波新書 青版 (831))

1972/8/21

大田 昌秀

商品の詳細

こんな沖縄に誰がした 普天間移設問題――最善・最短の解決策

2010/11/24

単行本(ソフトカバー)

 

 

ノーベル平和賞の発表は、

10月頃という事です。

受賞が決まるといいですね。

 

 

Aloha nui loa ♥

 

ekukoa

スポンサードリンク