未分類

下里豪志(ピアニスト)の中学高校は?家族や彼はいるの?動画あり!

img_2724

 

こんにちは〜ekukoaです。(๑>◡<๑)

 

 

私の娘は、5歳半の頃からピアノを始めました。

きっかけは、

家に私が母から買ってもらった

クラビノーバがあり、それを

おもちゃ(?) として遊んでいて、

「◯っちゃんピアノ弾けるよ〜」

と言いながら、

適当に指を動かしているのをみて

初めのうちは褒めていたんだけど、

ちゃんと教えてあげたほうがいいのかな?

どうかな? って思いながら、

レッスンを始めさせました。

特に本人が

“ 習いたい!”

と言ったわけでも、嫌がったわけでもないですが

さすがに、そういうようなきっかけでは、

長続きしないですね。

と言うか、練習などしないで

レッスンだけ毎週通っている。

と言うことが続いたため、

只今、レッスン休憩中。

それでも良い。と彼女が判断したのだから、

私はこれ以上無理強いすることは出来ないので、

残念ですが、ほってます。

家では、たまに思い出したように弾いてます。

きっとレッスンを再開することは無いでしょうね。

すごく寂しいです。(/ _ ; )

結局は、自分自身がやり遂げられなかったことを、

娘に押し付けていたって事なのかな〜

そこから間違ってますよね。^^;

 

でも、こちらの方はもちろん違います。

ご自身の意思でピアノを弾かれて、

音楽大学へ進み、プロの

ピアニストを目指してます。

スポンサードリンク

下里豪志

 

img_2725

 

あれ?

と思われましたか?

私は、すぐには気づきませんでした。

ただ、お名前が女性にしては珍しいな〜

と思ったくらいで。。。

記事を読んで行くに従って、

へ〜〜そうなんだ〜と思いました。

 

そうです。下里さんは、男性です。

性同一性障害であり、体は男性だけど、

心は、女性なのです。

 

出身地:沖縄県 南風原町

出身校:南星中・開邦高校

上野学園大学

 

 

もの心ついた頃から、自分は女だと思い女の子と

遊んでいたそうで、お母様の倫子さんは

下里さんのそんな行動を

はじめは戸惑っていたようですが、

次第にお洋服も着たい物を着させて、

本人の意思を尊重していったそうです。

 

 

家族

 

ご両親は、下里さんの事を

理解しており、

ここまで、↓↓理解を示しています。

「豪志は、(性同一性障害で)悩む人が、普通に生きられる時代になるよう主張していく役割を担っているのではないか」

 

ご両親がそこまで理解を示してくれていると、

幸せですよね。

身近な家族が、寄り添ってくれて、

下里さんは、幸せだと思いました。

今は、何よりもピアノの練習と言う事

言っていたので、

お付き合いしている方も

いらっしゃらないかと思いますが、

将来は、普通に恋愛をして、

幸せに過ごせたらいいな~と思います。

 

私の同級生にも、

「性同一性障害」の方が、

一人いました。

小学生の時から一緒だったんだけど、

さすがにあの時代は、

周りの理解なんてありませんでしたね。

友達は、

私達女性としか殆ど話をしなかったし、

遠足や修学旅行で

バスに乗るときにも

男子とではなく、女子と座ってました。

バスの中で一緒に写っている写真今でもあります。

どちらかと言うと、男子からさけられてましたね。

彼。。彼女は、大人になってから東京へ行き

お店のナンバーワンになったと聞いてます。

私は見かけたことないけど、

外見は全く女になっているのだとか。

スポンサードリンク

 

世の中の人が、

性同一性障害の事を

もっと理解して、普通に

みんなが生活できる日が来るといいですね。

 

下里さんのように、堂々とできる人は、

ほんのわずかだと思います。

まだまだそんな世の中じゃないですもんね。

多感な時期を引きこもって生活している方も

少なくないと思います。

 

 

15歳の時には、

全日本中学校英語弁論大会で

性同一性障害を告白し、

自分らしさを大事にしてほしいとする

スピーチで

「1位」

に輝いています。

 

「ピアノ演奏で人々に笑顔を届けていけば、ピアニストとして評価され、障害は個性の一つとして見てもらえるようになる」

「自分が自分らしくいることが大事なんだよ、という主張がみんなに感じてもらえたと思う」

 

と、感想を言われてます。

そんな下里さんは、昨年沖縄で

初めてのリサイタルを開きましたが

今月また、開いてくれるようです。

私は、動画でしか聞いたことないし、

詳しくもないので、

よく分からないけど、

力強い中にも、

繊細な音を感じられます。

 

是非会場へ出かけられる方

行って欲しいな~

と思います。

 

1月20日 2017年

午後7時から

那覇市のパレット市民劇場

入場料は前売り1500円。

問い合わせは中村ピアノ教室、

電話090(5740)6796。

 

今春は

東京の天空劇場で

日本ピアノコンクールの

ファイナリストとしての

リサイタルに出演するそうです。

 

練習風景の動画ありました。

リサイタルの動画が上がってたのでそちらをご覧ください。

 

 

きっと、これから

表に出る機会も増えてくるかと思いますが、

同じ、性同一性障害を持っている方の代表として、

堂々と、のびのびと演奏してください。

 

もちろん、

同郷としてだけではなく

一人の人間として、

応援してます。

 

 

Aloha nui loa ♥

 

ekukoa

スポンサードリンク