未分類

杉本真樹(医師)の年齢や結婚は?経歴や著書も調べてみた!

 

こんにちは、ekukoaです。(*^_^*)

 

今日は、久しぶりに

家族でドライブへ行ってきました。

もう何年もドライブして無くて、

たまたまみんなの休みが一緒になったので、

行ってみようか!?

って事で、ノースショアまで

カフクシュリンプを食べてきました!

 

F0E23FD3-A1AB-45D2-91C5-485D5D87FDD7

 

東回りでドライブをして、

綺麗な海を満喫してきました。(≧▽≦)

今は、程よい疲れで

今晩はよく眠れそうです。

 

さて、寝る前に(^^;

次回情熱大陸で紹介される医師

杉本真樹さんの事について

いくつか調査してみたいと思います。

医療の世界もどんどん変わっていくんだな~

ほ~凄いな~なんて、

嬉しくなります。

スポンサードリンク

杉本真樹(すぎもと・まき)

生年月日:1971年1月15日(47歳)

出身:東京都葛飾区柴又

学歴:帝京大学医学部卒業

職業:医師、外科医、医学博士、起業家

所属:HoloEyes株式会社取締役兼最高執行責任者COO

 

仮想現実(VR)

拡張現実(AR)

複合現実(MR)

手術ナビゲーションシステム

3Dプリンターによる生体質感造形

など、医療分野での新規的先端技術開発を行っている。

 

3Dプリンターが出た時には、

うわ~凄い!

でも、誰が使うんだろう?

なんて思っていたけど、

それが医療にも使われているなんて

凄いですよね。

また、

VR(バーチャルリアリティー)

なんて、ゲームなどではよく見るけど、

医療にもこんなに使われているなんて、

すごく嬉しいです。

 

”人は宇宙に行きたいって言うけど、

そんな技術があればもっと

医療の進歩に力を注いでほしい!”

 

なんて、何も知らない私は

よく思っているのだけど、

きっとそんな開発の中にも、

私たちの身近に役立っていることが

あるのかな?

なんて思いました。

きっとそうなんですね。

 

 

経験に重きが置かれ、論文や研究で発表された内容に基づく治療が重視されてきた外科医の世界で、コンピューター技術を革新的に取り入れて行くのは容易いことではないという。だが、「日本にはVR医療を発展させる土壌がある」と確信し、医療現場の未来を切り開こうと奔走する“医療イノベーター”の覚悟と怒涛の日々をカメラが追った。

引用

 

 

難しいことはわからないけど、

これからの医療の発展に

力をお貸しください。

どうぞよろしくお願いします。

m(__)m

 

 

結婚はしてるの?

 

さて、

フェイスブックやツイッターなどに

ご本人、個人的な内容は、

見当たりません。

お仕事一筋の方なのでしょうか?

 

ご結婚されているとかなんとか。。。

一切書かれておらず

お仕事の事のみとなっていました。(;^ω^)

 

唯一、杉本さんは、

スキーがお好きだとありました。

 

でも、こんなにお忙しい方なので、

もし奥様がいらっしゃると

寂しくて気が狂っちゃいそうですよね。

お一人のほうが気が楽かな?

 

 

経歴は?

 

  • 1996年 帝京大学医学部卒業
  • 1996年5月 – 1998年3月 帝京大学医学部附属病院外科
  • 1998年4月 – 2000年3月 国立病院機構東京医療センター外科
  • 2000年4月 – 2004年3月 帝京大学大学院医学研究科
  • 2000年4月 – 2004年6月 帝京大学医学部附属病院外科 医員
  • 2004年7月 – 2007年6月 帝京大学ちば総合医療センター外科
  • 2007年7月 – 2008年6月 帝京大学ちば総合医療センター外科 助教
  • 2008年7月 – 2009年3月 Veterans Affairs Palo Alto Health Care System, Palo Alto, CA 米国退役軍人局パロアルト病院 消化器内視鏡科 Visiting fellow 客員研究員
  • 2009年4月 – 2009年6月 神戸大学大学院 医学研究科 内科学講座 消化器内科学分野 特務講師
  • 2009年7月 – 神戸大学大学院 医学研究科 内科学講座 消化器内科学分野 特命講師
  • 2015年4月 – 神戸大学大学院 医学研究科 内科学講座 消化器内科学分野 特務准教授
  • 2016年10月- 国際医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科 准教授
  • 2018年3月 – HoloEyes株式会社取締役兼最高執行責任者COO

引用

スポンサードリンク

 

著書

 

医療者・研究者を動かす インセンティブプレゼンテーション

医療者・研究者を動かす インセンティブプレゼンテーション

2014/4/1

 

 

 

OsiriX画像処理パーフェクトガイド 最新版(Ver.5.9/6.0対応)

OsiriX画像処理パーフェクトガイド 最新版(Ver.5.9/6.0対応)

2015/1/31

 

 

 

医用画像解析アプリ OsiriXパーフェクトガイド

医用画像解析アプリ OsiriXパーフェクトガイド

2011/9/26

杉本真樹

 

 

消化管・肝胆膵ベッドサイドイメージング―フリーソフトウェアOsiriXでつくる3Dナビゲーション

消化管・肝胆膵ベッドサイドイメージング―フリーソフトウェアOsiriXでつくる3Dナビゲーション

2009/7

 

 

医療現場iPad実践ガイド

医療現場iPad実践ガイド

2011/12/1

杉本真樹(すぎもとまき)

 

 

ごく一部だけど紹介させていただきました。

もし機会がありましたら、

Amazonで購入できますよ。

 

 

 

医療技術は

素晴らしい進歩を遂げているけど、

その分以前はなかった病気や、

菌が増えたり力を増したり、

なんだか大変なことに

なっているように感じます。

 

医療の事や、

コンピューターの事は

全く分からないけど、

杉本先生、そのほか医療関係に従事している方、

よろしくお願いします。

m(__)m

 

 

 

 

Aloha nui loa ♥

 

ekukoa

 

 

 

 

 

スポンサードリンク